ヴェトナムってどんな国?

その歴史的背景から中国とフランスの影響を色濃く残す国、ベトナム。 食文化においても同じことが言えるようで、この2つの美食大国の味覚がうまく融合したベトナムの食は素材を活かしたあっさり味のものが多いです。香辛料や香菜などのイメージが強いアジアエスニック料理ですが、ベトナムフレンチは日本人にも大変なじみやすいお料理です。色々な国の良いところを上手にとりいれ、オリジナルの文化にしてゆくお国柄といい、ちょっと日本と似たところがあるのかもしれません。訪れるたび、好きになる国、ベトナム。そんなベトナムの魅力をご紹介します。

ヴェトナム・国データ

国名 ベトナム社会主義共和国
面積 約33万平方km
人口 8,700万人(2011年8月)
首都 ハノイ
人種 キン族(越人)90%、約54の少数民族
言語 ベトナム語
宗教 仏教(80%)、カトリック、カオダイ教他
通貨 ドン(dong)
元首 チャオン・タン・サン国家主席
政府 首相 グエン・タン・ズン
外相 ファム・ジャ・キエム
気候 北部は温帯モンスーン気候、南部は熱帯気候で5月中旬から9月中までが雨季、10月中旬から3月中旬までが乾季。