スアンについて about XUAN

  • コンセプト・こだわり
  • 店内風景・団体様
  • シェフについて
  • マダムについて

京都でベトナムを知る

京都 北白川にある白川疎水沿いの路地を抜けるとベトナムフレンチのお店、スアンがあります。京野菜で彩るベトナムフレンチや、雑貨・アオザイなどベトナムの今を知ることが出来る場所です。

1997年4月東京日本橋に誕生し、2001年には京都市御幸町にて「VIETNAM FRENCH XUAN」としてオープン。

そして2014年4月20日、京都市北白川にて「VIETNAM FRENCH XUAN 北白川」として移転オープンさせていただきます。

当店のお料理は、プロデューサーであるフォン氏の生まれ育ったベトナム南部料理がベースとなっています。
ベトナムでも北部と南部では料理、調理法共にかなり違いが見られます。南部料理は甘酸っぱい味付けのものが多いのが特徴。全体的にマイルドで、日本人の口に合う料理が多いです。
また、新鮮な食材が手に入りやすい土地柄もあり、生野菜が多く食べられています。「新鮮な素材を鮮度の高いうちに」いただくのがベトナム料理の基本。ですので、地元京都の野菜を食材として取り入れ、出来る限り素材の新鮮さを最大限に活かせるよう、手作りにこだわって調理しています。

スアンのこだわり XUAN FEELINGS

ライスペーパー

ライスペーパー

ベトナムの契約ライスペーパー農家から直接輸入しています。
現地の方が召し上がっているものと同じものを提供しているのは日本でも珍しいのではないでしょうか。

ヌクマム

ヌクマム

ヌクマム(魚醤)は一番搾り、二番絞り・・・と味が変わっていきます。
一番搾りはベトナムでもなかなか手に入りません。
スアンでは品質の良い一番搾りに近い二番絞りをベトナムで特別に取り置きをして送っていただいています。

池西農園の京野菜

池西農園の京野菜

シェフが週2回、上賀茂にある池西農園から無農薬の京野菜を直接、仕入れに行っています。
旬の京野菜で彩るベトナム料理は世界でもスアンだけかも?

鮮魚

鮮魚

早朝に京都の北の海で捕れた、新鮮なお魚を提供しています。
(天候によりお出しできない場合もあります)

塩

ベトナムカンホア地方の塩「カンホアの塩」,ビンの天然塩、ニャチャンソルトなど。ベトナム産の塩を使用しています。
天日干しでつくる塩は、ほんのり甘くて美味しいです。

味噌だれ

味噌だれ

生春巻き専用にお出しいている味噌だれ。
スアンでは、味噌からこだわり京都の老舗味噌問屋「関東屋」さんにて、オリジナル味噌を作ってもらい、その味噌を調合し味噌だれを作っています。

↑TOPに戻る

ご予約・お問合せ TEL/075-741-6657 OPEN/11:30~22:00

Yahoo!ダイニングで予約する。
※ディナーのみ空席確認・予約を電話とWEBにて承っております。ランチは空席案内・予約ともにお電話ください。
フェイスブックページ
スアンの最新情報はこちら